合気道関道場 道場入会規約                  

≪第 1 章 総 則≫    
 
           
第一条 【名称】                          
1.この会は,合気道関道場(以下「本会」という。)と称する。  
                     
第二条 【事務所】                         
1.本会の事務所は,兵庫県神戸市灘区篠原南町5-3-11-1F に置く。      
                 
第三条 【目的】                         
1.本会は,合気道の普及・発展と地域における青少年の健全育成に貢献する事を目的とする。                        
2.本会の経営は,株式会社桔梗会が行う。
3.本会は,関太郎先生の合気道の技を修練する為の場所であり,会員・道場生の協力により,運営され成立してい  る。
                        
第四条 【自己責任】                         
1.会員は,自己の責任において稽古を行う。
2.会員は,通学中・稽古中の事故においても,本会・株式会社 桔梗会・道場長・指導者・道場生に対して,損害賠償等一切の責任追及を行わない。                        
 

≪ 第 2 章 会 員≫         
               
第五条 【会員の資格】                        
1.本会の入会資格は,審査の上,次の者に与えられる。
① 本会の趣旨に賛同し,本規約を遵守できる者
② 道場生同士が気持ち良く稽古できるよう配慮し,明るく楽しく稽古できる者
③ 合気道を十分に理解し,習得する気持ちを持つ者
④ (入会希望者が未成年の場合)その保護者が,上記①~③を十分に理解している者。
                        
2.次の事項に該当する者は,入会資格が与えられない。入会希望者が未成年の場合,その保護者についても,次の事項に該当するときは,入会を認めない場合がある。
① 薬物中毒者(服用,依存症含む)

② 重度の精神疾患に罹患している者    
③ 他人に伝染又は感染するおそれのある疾病を有する者
④ 医師から運動を禁じられている者
⑤ 反社会的勢力に属する者またはこれに関係する者

 

3.次の事項に該当する者は,入会を認めない場合がある。また,入会後,次の事項に該当する事実が判明した場合には,審査の上,退会させる場合がある。
① 他の道場等で問題を起こし破門・除名となった者
② 刑事事件の前科前歴がある者
③ その他,道場の円滑な運営に支障を及ぼすと認められる者    

第六条 【入会 ・会員資格の取得 ・入会金,会員区分の変更】            
1.入会希望者は,入会申込書と同上入会規約の同意書に署名押印するなど所定の手続にしたがって申込み,入会金・入会諸費用(本会指定のスポーツ安全保険加入のための保険料を含む。)を支払う。
2.入会者希望者が未成年の場合は,本人と保護者の連名において申込手続を行う。
3.本会は,入会申込手続及び入会金・入会諸費用の払込手続を行った者について,入会審査を行い,合格した者に,会員資格を与える。                
4.会員が会員区分を変更する場合は,変更希望月の前月15日までに所定の事務手続を行う。    
                    
第七条 【会費】                        
1.会員は,稽古の出席の有無に拘わらず,本会の定める月会費を所定の方法で支払う。
2.会員は,月会費の支払いが,一か月以上遅れた場合は稽古に参加できない。
3.本会は,支払われた月会費の返金はいかなる場合も応じない。
4.本会は,消費税率の変動,社会事情の変化に応じて会費などの諸費用を改正することがある。                        
                        
第八条 【事故やトラブル ・ 怪我等の責任】                
1.本会は,次の事故によって,会員が損害を受けた場合にも,本会は一切責任を負わない。

① 道場への行き帰りにおける事故
② 稽古中の貴重品,持ち物の紛失・盗難の事故
③ その他,道場利用に際し生じた傷害,盗難等の人的物的事故            
 

2.会員は,会員間で生じた問題は,当事者間で解決し,本会及び他の会員に一切の迷惑をかけない。        
3.会員は,施設・道場等の設備・備品等を破損・汚損するなどして,本会に損害を及ぼした場合,その損害を賠償する。
4.会員が,未成年者の場合には,その保護者も,その会員と連帯して,本会に損害を賠償する。                        
                        
第九条 【会員のモラル  ・ 義務】                        
1.会員は,別紙の誓約書に署名,押印して,提出すると共に,これに記載された内容を遵守する。                        
                        
第十条 【退会】                        
1.会員は,退会を希望するときは,退会希望の1か月前には,本会所定の退会届に所定事項を記載して,提出しなければならない。
2.会員は,電話・口頭等による方法で退会の届けをすることができない。
3.会員は,退会届が提出されたときは,その届出が本会事務局に到達した月の翌月末日をもって退会する。
4.本会は,特別の事情があるときは,退会届の提出時をもって,即時に会員資格を停止することができる。ただし,この場合にも,届出当月の会費の支払義務は免除されない。
                    
第十一条 【休会】                        
1.会員は,休会を希望するときは,休会する1か月前には、本会に申し出を行う。
2.会員は,6か月以上の休会を申し出ることはできない。また,6か月未満の休会を終えた後,連続して,さらに休会を申し出ることはできない。

 

3.休会した会員の会費支払いは次のとおりとする。
① 3か月未満の休会の場合は,月会費を支払う。
② 3か月以上6ヶ月未満の休会の場合は,休会費を支払う(休会費は,別途定める)。

 

4.本会は,下記の理由によって休会する会員に限り,休会月の月会費及び休会費を免除する(ただし,本会会員専用のインターネット利用を継続する場合における,その月額利用料金は免除されない。)。        
① 妊娠,出産の場合 
② 高校,大学の受験の場合
③ 半年以上の転勤の場合                            

 

5.休会期間を終えたときは,自動的に会員資格が再開される。ただし,休会終了時より1年以内に再開の意向がないと判断される場合は,1年を経過したときに,自動的に退会とする。
                    
第十二条 【除名】
1.本会は,次の会員を除名することができる。
① 入会資格がないことが後に判明した者,またはこれが失われた者
② 他の会員に対し常識の範囲を越える迷惑行為を行った者
③ 本会の品位を汚し,また名誉を毀損する言動のあった者
④ 風紀・秩序を乱す言動のあった者
⑤ 正当な理由なく4か月以上にわたり月会費を滞納した者。
⑥ 暴力団・組織関係者等反社会的勢力に属する者及びこれに関係する者
⑦ 本規約や誓約書等を遵守できない者    
⑧ その他,会員資格を継続することが,円滑な稽古・運営に支障を来すなど不適当であると認められる者

 

2.除名された場合全ての会員資格及び会員としての権利は即時に無効となる。
3.除名された者は,再入会することができない。

                         
第十三条 【検定】                        
1.会員は,別に定める検定基準に基づいて,検定を受けることができる。    
2.月会費を納めていない場合,昇級・昇段は認められない。        

第十四条 【本会員専用のコンテンツ利用に関する禁止事項】        
1.本会ホームページを介して提供される会員専用コンテンツを名称「AAA(トリプルA)」とする。(以下,本コンテンツという。)    
2.会員は,本会ホームページのネット上でのみで本コンテンツを視聴することができ,ダウンロードすることはできない。            
3.会員は,学習目的での視聴を除いては,本コンテンツ(画像,音声及び文章等)を,いかなる目的,方法によっても使用(複製・頒布・改変・公衆送信・再利用及び転送等を含む)することができない。    
4.会員は,本コンテンツについて,インスタグラム,Facebook,Twitter,メルマガ,ブログ,mixi,LINEなどSNS上に転用し,またはその内容ないし感想等を投稿,アップロードすることができない。            
5.会員は,本会の許諾なしに,本コンテンツを使用した場合は,著作権法・商標法違反,不正競争防止法違反,肖像権・プライバシーの侵害等の法律上の責任を負う。                        

 

第十五条 【施設の廃止,利用制限】                        
1.本会は,次の事由により施設を一時的に閉鎖することができる。    
(1)台風その他異常気象,風水火災害,地震,近隣の事故等で施設の業務遂行に支障があるとき。                        
(2)施設工事等,使用が不可能なとき。                        
(3)社会情勢,経済状況の著しい変化,その他やむ得ない事由が発生した時。

 

2.本会は,施設閉鎖の場合にも,会員に対する補償を行わない。                        
                 

 

≪第 3 章 付 則≫                    


第十六条 【補足・細則・行事】                        
1.本会は,必要に応じて本規約に補足及び別に細則を設ける。            
2.本会の行事,日程等は,掲示等によって,会員に通知する。                        

 

第十七条 【解散】                        
1.本会や各拠点又は座学会が,やむを得えない事情により解散又は,閉鎖する場合は3か月前に告知する。    
                    
第十八条 【本規約の改正及び施行】                        
1.本規約は,諸情勢により改正施行する。
2.改正施行する時は1ケ月以上前に掲示板でお知らせします。            
                          
【施行】                        
 本規約は平成29年4月1日より施行します。                        
                                          
                                    

誓約書
(稽古において指示・監督にしたがうこと)
1.道場長及び当日の稽古担当者の指示は必ず守ります。
2.その日の稽古指導や管理は担当,当番制で行われ,道場長がいない場合の稽古があることを理解し,承認いたします。    

(礼節を守ること)            
3.礼節を重んじ,武道を修業する者として恥ずかしくない言葉や行動をとります。
4.道場に入場する時は,玄関で帽子,手袋,コート等をとり正面に一礼を行います。    

 

(自身と他人の健康・安全を守ること)
5.稽古は真剣に,素直に行い,怪我や過ちの無いように心がけます。
6.体調や気分がすぐれない時には,稽古担当者にすみやかに報告いたします(感染症,伝染病,皮膚の炎症がひどい場合,妊娠中,その他持病(精神疾患を含む。)がある場合や,服用中の薬がある場合にも報告いたします。)。        
7.稽古着は清潔にし,手足の爪は充分手入れするなど稽古相手への配慮を忘れません。
8.貴金属・装飾品・アクセサリー等は,稽古中は外します。        
9.身だしなみやエチケットに気を配ります(厚化粧や香水・体臭の匂いがきついということについて,本会より注意を受けた場合には,誠実に対応いたします。)。    
10.道場及び用具を清潔に保ち,常に整理整頓を心掛けます。            
11.危険行為は絶対にいたしません。        
12.道場で覚えたいかなる技も,それを悪用,乱用は絶対にいたしません。

(他の会員や道場に配慮すること)
13.健全な風紀を乱しません。
14.合気道着は正しく着用いたします。                    
15.道場内での私語は慎みます。    
16.否定的な発言は控え,明るく肯定的な発言を心がけます。            
17.人の技を,正当な理由なく,批判しません。    

 

(道場の情報を尊重すること)
18.道場内では携帯電話の使用,撮影,録画,録音をいたしません。        
19.道場内で得た全ての情報(先生のお話や技など)をネット上で公開したり,文字に書き起こしたりいたしません。       20.他武道・他流派・他道場の技など本会の技以外の技を行ったり,その本や動画を見せたり,他の会へ連れて行ったりいたしません。    
21.会員が,他武道・他流派・他道場(それらの体験会を含む。)には,無断で行きません。
22.道場名,ロゴマークなど道場に関わるものを許可なく,一切使用いたしません。

(会員間でのトラブルを避けること)
23.道場内にて,本会の趣旨に沿わない組織を作りません。
24.各種セミナーや自己啓発団体,宗教やネットワークビジネスなどの勧誘活動をいたしません。また,万一,他の会員からそのような勧誘があっても,これに応じません。
25.会員間におけるSNS,LINE,メールのアドレス交換,SNS内でのグループ作成,名刺交換を行いません。必要な場合には,貴会の許可を得ます。
26.会員間で物品の販売や購入をいたしません。            
27.未成年の道場生を私的に飲食など,道場外へ誘いません。            
28.会員間での飲み会等はいたしません。    

(円滑な運営に協力すること)
29.住所・電話番号・引落口座が変更になった場合,変更事項を速やかに道場に届け出ます。
30.道場の経営方針や稽古方針に対して,不当に批判・意見することはいたしません。

(損害について)
31.自己の責任において通学・稽古を行い,自身の身体と財産を管理いたします。通学中・稽古中の事故によって人身上の損害・財産上の損害を負った場合においても,本会や株式会社 桔梗会・道場長・指導者・道場生に対して,損害賠償等一切の責任追及を行いません。
32.稽古時間内外で,本会ないし道場の設備・備品等を破損・汚損するなどして,貴会に損害を与えたとき,損害を賠償いたします。    

     

運営:一般社団法人 桔梗会

© 2020 General Incorporated Association kikyokai